顔の粉吹き 対策

乾燥肌の洗顔料の選び方

投稿日:

 

「洗顔しているのに、顔から粉が吹いている・・・」

「保湿しているのに、鼻から粉が吹いている・・・」

 

というあなた!

今使っている洗顔料は、あなたのお肌に合っていないです!

乾燥肌を解消するには、洗顔料選びも欠かせないポイントです。

 

そこで、この記事では

乾燥肌のあなたのために、洗顔料の選び方のポイントについて解説していきます。

 

 

乾燥肌の洗顔剤の選び方とは?

洗顔フォームと固形石鹸の違い

まず、洗顔フォームは合成界面活性剤を使っているから、使わない方がいい・・・
固形石鹸は天然成分なので安心

と思っていませんか?実はそれ間違いです。

問題なのは、どれぐらい配合されているのか?という点であり、
洗顔フォームでも石鹸でも、配合量が多ければ、お肌によくありません。
逆に配合量が少なければ、どちらもお肌に対して優しいということです。

固形石鹸を使う場合は、お肌が乾燥しやすくなるので、乾燥肌の人は避けた方が良いです。

 

ココがポイント

  • 洗顔フォームより固形石鹸の方が良いというのは間違い
  • 固形石鹸はお肌に優しいが、乾燥しやすい
  • 自分の肌に合ったものを選ぶ

では、具体的にどういう基準で選べば良いのかを解説していきます。

 

アルコールフリーを使おう

乾燥肌が気になる人は、アルコールフリーの洗顔料を選ぶようにしましょう。

アルコールは、顔の皮脂を分解してくれるので、汚れを落とすのには適しているのですが、乾燥肌との相性が悪いです。

というのも、アルコールはお肌から水分を奪う作用があります。
注射の時に看護師さんが、エタノールで拭いてくれますが、スーッとしませんか?
それは、お肌から水分が奪われている証拠なんです。

少しの量であれば問題ないのですが、極度の乾燥肌の人は、アルコールフリーのものを選ぶようにしましょう。

ココがポイント

  • アルコールは汚れを落とすのに適しているが、お肌の水分を奪ってしまう
  • 極度の乾燥肌の人は、アルコールが入っていない洗顔料を使う

 

保湿成分が入っているものを使おう

洗顔料に保湿成分が入っているかどうかで、洗い上がりに圧倒的な差が生まれます。

乾燥肌の人は、洗顔すると顔のツッパリ感が気になると思いますが、保湿成分が配合された洗顔料を使うことで、しっとりとした洗い上がりになります。

さらに、保湿成分が入っていると、洗顔後の保湿ケアの効果も高まるのでおすすめです。

 

洗顔料に含まれている保湿成分とは

セラミド、ホホバ油、リピジュア、スクワラン、PG、ヒアルロン酸、アロエエキス、グリセリンなど

 

ココがポイント

  • 保湿成分が配合されていると、洗い上がりがしっとりする
  • 洗顔後の保湿ケアの効果が高まる
  • セラミド・ヒアルロン酸がオススメ

 

-顔の粉吹き 対策

Copyright© 顔の粉吹きが治らないあなたへ|粉の正体と正しい対策方法を教えます。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.