顔の粉吹き 対策

顔の粉吹き対策|乾燥肌あなたへ。その洗顔方法は間違っていませんか?

投稿日:

 

顔の粉吹きがひどい・・・とお困りのあなた・・・

その洗顔方法間違っていませんか?

 

顔の粉吹きは、乾燥肌が原因です。
間違った洗顔方法をしていると、いくらスキンケアをしても、お肌の乾燥が悪化し、顔の粉吹きはいつまでたっても治りません。

 

そんなあなたのために、この記事では、洗顔の正しい方法について解説していきます。

 

あなたの洗顔方法と照らし合わせながら、チェックしてみてください。

 

間違った洗顔方法とは?

正しい洗顔方法を解説する前に、間違った洗顔方法をまとめてみました。
あなたは何個当てはまるかチェックしてみてください。

 

あなたは何個当てはまる?

  • 熱いお湯や冷たい水で洗っている
  • シャワーの水流で直接肌を洗い流している
  • 洗顔フォームを泡だてずに使っている
  • ゴシゴシとこするように力を入れて洗っている
  • タオルでゴシゴシと水分を拭いている
  • 必要以上に洗顔を行なっている(3回以上)

あなたはいくつ当てはまりましたか?

 

一つでも当てはまる場合は、黄色信号です・・・

正しい洗い方だと思われがちなのですが、実は間違ったやり方なんです。
これらの方法で洗っていると、お肌に摩擦や刺激を与えてしまい、お肌の乾燥を進行させてしまいます。

特に冷水ですすいでしまうと、化粧水がお肌に浸透しなくなるので注意が必要です。
というのも、冷水ですすぐというのは、お肌の汚れが落ちにくいだけでなくて、毛穴が締まってしまいます。
お肌が締まった状態だと、せっかく保湿ケアをおこなっても効果が半減してしまうのです。

 

洗顔の目的は、汚れを落とすということに目が行きがちですが、次に行う保湿ケアの効果を高める。という認識を持っておくと良いです。

 

では、実際に正しい洗顔方法について解説して行きます。

 

 

乾燥肌にならない正しい洗顔方法とは?

乾燥肌を改善するためには、しっかりと正しい洗顔方法をマスターすることが近道になります。
しっかりと、マスターして、その後の保湿ケアの効果を上げて行きましょう。

※解説動画もありますので、動画でチェックしたい方は、スクロールしてみてください。

step
1
洗顔前にきれいに手を洗い流しましょう

 

step
2
予洗い

まずは、ぬるま湯(32℃程度)で肌表面の汚れを洗い流して行きます。
顔をこすらずに、手でぬるま湯をすくって顔をつけるようにしてください。

30回程度すすいで、お顔を十分に湿らせることで、洗顔しやすいお肌に整えます。

 

step
3
洗顔料をしっかりと泡立てる

泡だてネットを使ってやると効率的に、キメの細かい泡を作ることができます。
ポイントとしては、泡だてネットの水分を少なくすることがコツです。

泡だてネットがない場合は、手のひらに洗顔料を出し、少量の水を加えてから、指を立てて擦り合わせて行きます。ポイントとしては、指を使って泡立てることで、キメの細かい泡を作ることができます。

 

step
4
Tゾーン(おでこ・鼻)→ あご → 両頬の順に泡をのせていく

 

step
5
泡でパックするように全体に広げます

 

step
6
Tゾーン → あご → 両頬 → 目元 の順に洗う

決して肌をこすらないように、指の腹で直径2センチ程度の円を描くように泡を転がして行きます。
ゴシゴシ洗わなくても、泡が汚れを吸着してくれますので、優しく洗うようにしましょう。

 

step
7
ぬるま湯ですすぐ

顔をこすらずに、手でぬるま湯をすくって顔をつけるように洗い流してください。
最低30回以上しっかりとすすぐようにしましょう。

 

step
8
ティッシュドライ

ティッシュで軽く押さえながら、水分を吸い込ませて行きます。
タオルの場合でも、同じように擦らずに、軽く押さえながら水分を吸い込ませるようにしましょう。

 

洗い方を動画でチェックする

 

 

乾燥肌がひどい場合は、洗顔の回数に注意

極度の乾燥肌で、皮脂の分泌があまりない人は、朝はぬるま湯ですすぐだけにしておいた方が良いです。

洗いすぎは、お肌のバリア機能が低下してしまうので、W洗顔不要のクレンジング剤を使うのも一つの手です。肌の状態によって、洗顔の回数や方法を変えながら、自分にあったケアをして行きましょう。

 

混合肌の人はどうしたらいいの?

乾燥はひどいけど、Tゾーン(おでこや鼻)はテカテカしていたり、季節によってテカリが気になる。
そういう人は、洗顔が終わった後で、脂っこいなと感じる部分があれば、そこだけ泡をつけてもう一度洗うのも手です。

逆に、頬の乾燥がひどいと感じるときは、頬だけぬるま湯で洗うだけにするというのも良いでしょう。
顔の部位にあった洗顔を心がけるようにしてみましょう。

-顔の粉吹き 対策

Copyright© 顔の粉吹きが治らないあなたへ|粉の正体と正しい対策方法を教えます。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.