未分類

乾燥肌のオールインワンゲルの選び方|保湿ケアに必要な成分とは?

投稿日:

 

「保湿ケアしているのに、顔から粉が吹いている・・・」

「化粧水を使っているのに、鼻から粉が吹いている・・・」

 

というあなた!

今使っている保湿ケアは、あなたのお肌に合っていないです!

乾燥肌を解消するには、保湿ケア選びも欠かせないポイントです。

 

そこで、この記事では

乾燥肌のあなたのために、オールインワンゲルの選び方のポイントについて解説していきます。

 

 

保湿成分といっても3つの種類がある

3種類の保湿成分

  • 水分を挟み込んで逃さない保湿成分(肌細胞間脂質成分)
  • 水分を抱き込んで逃さない保湿成分(水分保持成分)
  • 外気の水分をお肌に吸収する保湿成分(吸湿効果成分)

この3つが揃っていないオールインワンゲルでは、すでに乾燥してしまったお肌にうるおいを与えるのは難しいです。

 

ですので、選ぶポイントとしては、3種類の保湿成分を持った「オールインワンゲル」を選ぶのがオススメです。

 

具体的に、それぞれ詳しく解説していきます。

 

 

水分を挟み込んで逃さない保湿成分(肌細胞間脂質成分)

人間のお肌は、小さな細胞がくっつき合うことで作られます。
この小さな細胞をくっつける成分が、肌細胞間脂質です。

イメージでいうと、小さな細胞を「レンガ」とすると、
それをくっつける肌細胞間脂質が「セメント」

と考えると分かりやすいです。

 

この保湿機能がしっかりと働いていると、

  • お肌にある水分が外に出ないようにガード
  • お肌のバリア機能(外部からの刺激を中に入ってこないようにガード)

などお肌が乾燥する原因を防ぐことができるのです。

 

逆にこの保湿機能がしっかりと働いていないとお肌が乾燥してしまうので注意してください。
いくら化粧水をつけても、お肌からどんどん水分が逃げていくので、当たり前といえば当たり前ですね。

 

もし、あなたが化粧水をつけているのに「お肌が乾燥する・・・」という状況であれば、この機能がうまく働いていないので、肌細胞間脂質の入ったオールインワンゲルを使うと良いです。

 

では、実際に肌細胞間脂質ってどんな成分?ということをご紹介します。

 

セラミド

肌細胞間脂質と難しいイメージですが、セラミドと言えば、馴染み深いのではないでしょうか。
セラミドは、肌細胞間脂質の50%近くを占める主成分です。
一番保湿力が高いので、有名な化粧品だと、ほぼ入っているので、聞いたことがあるのではないでしょうか。

セラミドにも3つ種類があります。

天然セラミド(動物性セラミド)
馬や豚などの動物から作られたセラミドです。別名「ビオセラミド」とも言われてます。

植物性セラミド
大豆・とうもろこし・芋類・米・穀物などから作られたセラミドになります。

ヒト型セラミド
人に存在しているセラミドに最も近いセラミドで、酵母から作られています。
浸透力が高いのが特徴です。

 

注意点

最も保湿力に優れているのが「天然セラミド」です。
しかし、乾燥肌や敏感肌の人は、今の段階でバリア機能が弱っているので、お肌への刺激になってしまいます。

 

極度の乾燥肌・敏感肌、アトピー、アレルギーなどの場合は、お肌に優しい「ヒト型セラミド」「植物性セラミド」を選ぶ方が安全です。

 

そのほかにも

  • スフィンゴ脂質
  • レシチン

などがありますが、主成分であるセラミドをメインに選ぶと良いです。

 

 

水分を抱き込んで逃さない保湿成分(水分保持成分)

お肌の細胞は、水分を抱え込む保湿機能が備わっています。
しかし、加齢、ストレス、生活習慣などによって細胞の保湿機能が弱体化します。

そこで、水分保持機能を持った保湿成分で、しっかりケアしてあげる必要があるのです。

では、実際に水分保持機能を持った成分について解説していきます。

 

ヒアルロン酸
ヒアルロン酸には、600倍の水分を含む力を持っています。
簡単に言うと、スポンジ1つでバスタブの水を、吸収することができるようなイメージです。
お肌の表面でしっかりと水分を抱え込み、逃さないので、お肌にうるおいを取り戻すことができます。

コラーゲン
コラーゲンは、ハリと弾力を保つイメージがあると思いますが、保湿作用もあり、お肌の表面をしっかりと保湿してくれます。

エラスチン
エラスチンは、コラーゲンとコラーゲンをひっつける効果があり、保湿効果も持っています。

 

外気の水分をお肌に吸収する保湿成分

外気にある水分を吸収する働きを持っています。
しかし、季節などによって、湿度が低くなると保湿する力が弱くなります。

NMF(天然保湿因子)
外気にある水分はもちろん、体内の水分も吸収することができるので、お肌のうるおいを保つ効果が高いです。

グリセリン
安全性が高く、成分の価格が安いため、多くの保湿化粧品で使われています。
しっかりと、外気の水分を吸収することができるので、安定してお肌にうるおいを与えてくれます。

以上3つの保湿成分についてご紹介しました

  • 水分を挟み込んで逃さない保湿成分(肌細胞間脂質成分)
  • 水分を抱き込んで逃さない保湿成分(水分保持成分)
  • 外気の水分をお肌に吸収する保湿成分(吸湿効果成分)

 

すでに乾燥してしまったお肌を元に戻すためには、3種類の保湿成分が配合されている、オールインワンゲルを選ぶようにしましょう。

 

乾燥肌の口コミを集めた「オールインワンゲル ランキング」もチェックしてみてね。

最後に、スキンケア選びで最も重要なポイントをお伝えします。

 

返金保証制度があるスキンケアを選ぶ

スキンケアを選ぶ際に、最も重要なポイントは「肌に合うか?合わないか?」と言う点です。

特に乾燥肌や敏感肌の人は、お肌のバリア機能が低下している状態です。

そこに、保湿ケアを行うわけですから、お肌に刺激を与えてしまい余計に悪化してしまう場合があります。

 

その時に、返金保証制度がない場所で買ってしまっていた場合、損してしまいます。

なので、きちんと返金保証制度がついている場所で購入するようにしましょう。

 

-未分類

Copyright© 顔の粉吹きが治らないあなたへ|粉の正体と正しい対策方法を教えます。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.